ゴンゴロ菜園のブログ

家庭菜園&花&蕎麦打ち

蕎麦打ち122回目


蕎麦打ち122:常陸秋蕎麦のそば粉を外2で打ちました。2ヶ月ぶりに打ったので調子が出ませんでした。


そば粉は茨城産の常陸秋蕎麦の春作です。「江戸風」です、江戸風は、黒い殻をむいた丸抜きそばをゆっくりと時間をかけて石臼で挽いたもの。


乾麺ばかりで飽きてきたので打ちました、そば粉1キログラムに繋ぎの小麦粉が200gの外2で打ちました、加水量は47%でした、水回しの時に良い穀物臭がしました。


篩い。


水回し;小さい粒の集団にするのが良いです。


菊練:しわを中に集める工程で、形にはこだわりません、手に怪我をしたので捏ねが不十分でした。


丸出し:径60㎝です。


幅出し:前後です80㎝の長さです、蕎麦の長さはこの4分の1です、この後本延しです。



本延し:麺棒で所定の厚さに伸ばします、目標は厚さ1.5mmですがやや厚かった。


切です。


今回もやや太めになりました、昼飯に食べました、のど越しも良く腰もあります、久しぶりに旨い蕎麦を食べました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。