ゴンゴロ菜園のブログ

家庭菜園&花&蕎麦打ち

そば屋放浪記16

そば屋放浪記16


今回は総武線の両国駅から歩いて5分くらいの所の「江戸蕎麦ほそ川」さんです、国技館と江戸東京博物館も近くにあります。


このそば屋さんこだわりのそば屋さんで自分が旨いと思ったもの以外は出さないそうです、ミシェランの☆一つだそうです、友人4人と行きました、友人の一人が探してきました。


このそば屋さんは露地裏の目立たない所にあります。人気店らしく11時45分開店前ですが11時40分頃に行ったらもう20人くらいが並んでいました。



テレビ取材が来ていました。



店内は洋風な感じです。



煮アナゴを肴に先ずビールを飲みました、私は日本酒が良かったのですが・・付き合いです。このアナゴは江戸前だそうです、柔らかくて旨かった。



私は蒸篭を頼みました、十割ですが江戸流らしく細いです。蕎麦粉の産地は北海道、茨城、長野、四国など日本全国にわたり、誠実に育てられた香りの良い蕎麦の実を使用。『せいろ』をおかわりするお客さんには1枚目とは違う産地の蕎麦を出し、味の違いを楽しんでもらうらしいです、私が食べたのは北海道の粉の1枚だけでした、今はそばが美味しくない時期なのでこの店の評価はできません。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。