蕎麦打ち111

蕎麦打ち111:常陸秋蕎麦の新そば粉を外1で蕎麦を打ちました。


そば粉は茨城産の常陸秋そばの新そばで「挽きぐるみ」です、「挽きぐるみ」とは蕎麦の実を殻ごと挽いたそば粉です、香りが強く出る粉です。



下はそば粉屋さんのお言葉です。


「常陸秋そば100%のそばの実を、殻ごと挽いた全粒粉の「挽きぐるみ」そば粉です。


石臼で殻ごと挽いた蕎麦粉を30メッシュのふるいで製粉した超粗挽きタイプ。
穀物の風味が感じられる、いわゆる「田舎風」に仕上がる蕎麦がお楽しみいただけます。」


外1とはそば粉1000gに繋ぎの小麦粉を100入れて打つことです、加水量は寒いので51%でした、水回しの時に良い香りがしました、前回は10割で苦労したので今回は繋ぎの小麦粉を入れたので楽に打てました。








小麦粉が入ったのでのど越しは滑らかです、腰もあり旨い蕎麦です。